company 会社情報

デポックは、個性を束ねた”組織”です

共感できる仲間と一緒に、新しいアイデアを生み出し、一つの文化を創る

共感できる仲間を見つけるために、DEPOCの地盤を作ります。
一般企業から見たら「???」なこともあるかもしれません。
大事なことは、アイデンティティのリターン(助け合い、満足し、評価される)が起こり、
活動を続けられる地盤作りだと考えます。
そこから独自のプロセスを見い出し、企業価値に結びつけていきます。

our philosophy 企業理念

それぞれが培った個性や文化を尊重し、私たちにしかできない「創造」を。

独自性や専門性の追求のもと、成長を続けてきたクリエイティブ事業や医療事業に限らず、社会において存在意義を持つすべての要素一つ一つにさまざまな人が関わり合い、文化としてカタチを成していきます。同様に、関わる人たちの価値観やクライアント様の企業文化など、歩んできた歴史や多くの経験のもとに積み重なったカタチが存在します。

私たちは開業当初より、独自性や専門性を尊重し、異文化や個性の共存できる組織であると同時に、価値観の共有できる「仲間」を大切にする柔軟な組織を目指し、さまざまな取り組みをして参りました。多くの方の温かい支援を頂きながら、事業としては「クリエイティブ」と「医療支援」の二本の事業方針を一貫して保有して参りました。

昨今では、産業や社会を支える基盤技術として進化の目覚ましいIT・クリエイティブ業界は日々求められる技術・表現の多様化が著しく、医療業界においても医師不足や地域医療の衰退などを受けて、変革の時代を迎えています。クリエイティブや医療に限らず、社会全体が新時代の表面のみに光を当てはじめたことで、本質が見えにくい時代へと変化しつつあります。

そんな中私たちは、2014年より、文化や価値を可視化し最適なカタチで伝えるブランディング・情報コンサルティング事業を本格始動し、業界を問わず、企業文化を軸としたコミュニケーション戦略やその浸透など、クリエイティブを活かし貢献できるサービスの提供を進めて参りました。

クライアント様の企業文化に触れられることへの敬意を忘れず、また私たちにできることや寄せて頂いた期待に応えるべく、社員一同、全霊を傾け、寄り添える企業であり続けるよう日々努力を惜しまぬ所存です。
理想とする組織を目指し、私たちらしい創造や取り組みを続けて参ります。多くの方が関わりたくなる企業であり、また触れるたびに驚きと喜びを感じていただける存在意義のある企業であることをお約束いたします。

今後とも、ただひたすらに邁進して参りますので、御指導、御鞭撻の程よろしくお願いいたします。

株式会社DEPOC 代表取締役 社長 中村 佳広

service 事業紹介

私たちの事業領域は、まだまだ広がります

  • ブランディング・情報コンサルティング

    ブランディング・情報コンサルティング領域では、企業やプロジェクトの目的や対象に合わせて、その根幹を組み立て、各種コミュニケーションツールを活用したインパクトとの確立まで、最適な情報デザインをご提供します。また、企業ブランディング、採用プロモーション、インナーコミュニケーション等、永続的な資産となるプランニングもお任せください。

    • ブランディング
    • 採用戦略
    • 広報企画・戦略
    • VI・CI
    • UI・UX設計
    • インナーコミュニケーション戦略
    • クロスメディアプランニング
    • コンテンツマーケティング・インバウンドマーケティング
  • ソリューション・テクノロジー

    各媒体・メディアや業務において、その特性を理解し、ナレッジとテクノロジーを有するセクションが解決プランを提案します。特に、webにおいては、アプリケーションやシステムから、ブランディングや情報コンサルティングと連携した広域でのソリューションまでご対応が可能です。専門領域のテクノロジーが自在に連携できることが、DEPOCの最大の強みです。

    • インナープロモーション
    • webソリューション
    • デジタルプロモーション
    • システムコンサルティング
  • web制作・クリエイティブ

    クリエイティブ領域は、私たちの基盤となる「モノづくり」の事業領域です。ミッションをゴールへと導くため、広報ツールなどのグラフィック媒体から、デジタル媒体に合わせたツール制作はもちろん、原稿や撮影、動画やイラストレーションまで、必要となる情報コンテンツにも幅広くご提供します。また、効率化やプラットフォーム確立など、アプリ・システム開発もお任せください。

    • 編集
    • コピーワーク
    • ライティング
    • インタビュー 取材
    • スチール撮影
    • 動画コンテンツ
    • VI
    • グラフィックデザイン
    • イラストレーション
    • WEBデザイン
    • マークアップ
    • インタラクション
    • アプリ開発
    • システム開発
    • ノベルティ・プロダクトデザイン

service

profile

自分たちの見える範囲で身の丈にあった規模の会社です

社名
株式会社DEPOC
会社設立
2006年5月
社員数
24名(特別契約スタッフ 6名含む)
資本金
7,000,000円
役員
代表取締役 中村 佳広
取締役 安岡 俊雅 / 取締役 加賀美 順一
所在地
  • nagoya headoffiice [名古屋本社]
    愛知県名古屋市中区栄3-23-23 エフジー若宮ビル3F
    t. 052-262-8411 f. 052-262-8412
  • 2nd division - tokyo [2nd事業部 - 東京事業所]
    東京都世田谷区池尻4-29-16 ヴィラヴィスタ101/102号室
    t. 03-5431-3908 f. 03-5431-3909
  • yokohama offiice . medical division [横浜事務所]
    神奈川県横浜市港北区新横浜2-7-4 フジビル5階
    t. 045-471-0560 f. 045-471-0561
事業ドメイン
  • 新規事業・プロジェクトの立案・運用
  • 企業などの組織・プロジェクトにおける情報コンサルティング・ブランディング、ソリューション戦略からディレクション、取材編集、撮影、UI・UXデザイン、システム設計・開発、そのすべての運用まで。
  • システムを含むWEB領域に関するソリューション・制作全般
  • 病院・クリニックのWEBを中心とした広告広報プロモーション、新規開業におけるトータル支援
  • 医療学会の運営支援、医療業界における人材紹介など、医療支援事業全般
  • クリニック広告広報におけるソリューション・デジタルクリエイティブサービス
  • 介護施設・老人ホームを中心とした撮影サービス
  • 医療情報システムの成果報酬型コスト削減サービス

history

さまざまな取り組みを経て、まだ元気に活動中

経営・カタライズを主とした中村佳広、フォトグラフとデザインを中心としたアーティスト加賀美順一、医療業界での長期にわたるMR経歴を持つ安岡を中心に、一般広告広報媒体・プロモーションの企画制作事業と医療支援事業の二軸を掲げ、2006年5月に株式会社DEPOCを名古屋と横浜に設立。開業当初より、デザイン事業と医療広告を主としたに支援事業に加え、企画・プロジェクトにも視野を広げ、幅広く事業を展開する。
その後、「文化の創造」というコンセプトのもと、クリエイティブ・医療だけにとどまらず、さまざまな企業と連携した事業展開を視野に入れた現在のDEPOCに至る。

デポックのいろいろあった10年間

  • 2006.5

    自分たちなりの社会貢献を目指し、7名で法人設立
    デザイナーが3名と医療MR経験者など、持てる基盤のもとに、事業を開始する。

  • 2007.5

    初年度、大きな赤字となる
    考える時間を尊重しすぎて痛い目を見る。利益は重要だと身を持って知る。

  • 2007.7

    ホームページを10万円で売ってみる
    クリニック様向けにホームページを10万円で提供
    →利益でない。安ければ良いというものではない。

  • 2007.8

    ロゴを変えてみた!
    社員10名にを増やす。これを機に、自分たちで死ぬほど考えてできたロゴを「時代に合わせて」という理論であっさり変えてみる。

  • 2008.5

    また、ロゴを変える、というか増やす
    社員13名にまた増員。名古屋事務所を少し広めのオフィスへと密かに移転。
    記念のライターも随時制作。

  • 2008.5

    決算、黒字!年商1億円を目標に再スタート。
    ここから黒字で継続中(※第10期時点)

  • 2009.1

    上海に社員を送り込む
    ご縁があり、上海に市場を開拓してみることに。社員を一人上海へ送り込む。海外進出はそんな甘いものではない。
    →結果、現地で幸せをつかみ、未だ帰国せず。

  • 2009.3

    医療事務所を厚木に移転

  • 2009.5

    2期目に立てた年商1億円と達成。

  • 2009.5

    クリニック向け新サービスを開始
    広告広報サービスにおいて、クリニック様より多大な反響をいただき、クリエイティブと医療支援の融合した新サービス「CLINICPLUS」を開始。

  • 2009.7

    やっと東京進出。東京クリエイティブ事務所を設立
    横浜事務所で行っていたクリエイティブ事業をベースとして、東京へ進出。知り合いの印刷会社様の最上階をお借りして市場を拡大。

  • 2009.5 2010.2

    初代公式キャラクター「クッポ」が誕生
    「時代に合わせて柔軟に」をコンセプトにアメーバみたいな企業体質と「仲間」を集める会社の象徴として「クッポ」というキャラクターが誕生!
    良い機会なので、またしてもキャラ付きロゴに変更!

  • 2011.2

    新横浜に医療専門事務所を設立
    クリエイティブに続き、医療専門の事務所を横浜で設立。医療支援事業にもより力を注ぐことを再度決意!
    写真:事業部責任者 取締役専務安岡俊

  • 2012.9

    4度目のロゴ変更を決行!
    安定感のあるロゴを一新。ウェブサイト含め、プロモーションを大幅に変更。「クッポ」一旦封印。

  • 2012.10

    医療貢献の新サービス販売開始!
    病院の医療情報システムの「コスト削減」と「運用改善」を同時に実現する成果報酬型コスト削減サービスの提供を開始。

  • 2013.1

    名古屋本社、100M移動!!
    全社で18名、本社勤務も10名前後になったところで、本社、3度目の移転。セキュリティーも強化!

  • 2014.1

    株式会社D-walkerを共同出資で設立
    システムとクリエイティブのソリューション、クラウドサーバサービス、子育て支援プロジェクト等を行う組織としてD-walkerを設立。

  • 2014.5

    仲間とともに「ワークフロント」を販売開始
    “飲食店”“店舗”“クリニック”“中小企業様”へ販売促進・顧客管理をパッケージングした次世代サービスです。

  • 2015.10

    仲間とともに「出張写真館」を開始!
    「仲間」とともに新しい文化として、老人ホーム・介護施設へプロの写真とメイクが出張して本格的な撮影を実現しました。

  • 2015.12

    ブランドビジョンを可視化し、一新する!
    体質改善・組織再編を行い、「文化の創造」というビジョンを掲げた新生DEPOCとしてスタート。
    ※社内では、この取り組みを「2ndビジョン」と呼び、装いを新たに日々創意中。

まだまだ理想とはほど遠い、組織としても未完成な文化ではありますが、
失敗を重ねた分、会社の個性や文化が育つと信じ、現在も猛進中。

個性や発想だけは常にあふれる会社なので、右へ左へ迷いながらも、成果を出すのに必死で取り組む現在のDEPOCがあります。もちろん、まだまだ未完成、理想とはほど遠い。僕だけでも、DEPOCだけでもなく、クライアント様、協力会社様、尊重し合える仲間とともに創っていける会社であり、この考え方や取り組みのカタチが一つの文化となれればと嬉しく思います。

※写真のパスタ風な物体は、携帯スタンドです。食べ物ではありません。

どんな質問・お問い合わせでもかまいません
軽い気持ちで「デポックに触れたい」と思って頂けたら幸いです

none